マッチングアプリ

40代が趣味で出会えるおすすめマッチングアプリ6選!アラフォーが出会いやすい趣味も紹介!

「40代で同じ趣味を持つ相手と出会いたい!」
「そもそもマッチングアプリで出会える?」

というように、同じ趣味を持つ相手を探したいという40代の方は多いのではないでしょうか?また、マッチングアプリを始めるにしてもどのアプリを使えばいいのか分からないという人も多いかと思います。

そこでこの記事では、40代が趣味友を探せるマッチングアプリ6選を紹介しています。また、同じ趣味や興味を持つ相手を探す機能について各アプリ別に詳しく記載しています。

他にも、マッチングアプリの選び方や出会うためのコツ、出会いやすいおすすめ趣味やアプリを使う際の注意点も記載しているので、ぜひ参考にしてください。

40代にマッチングアプリがおすすめな理由3つ

1.マッチングアプリを利用している40代は多い

出典:おすすめマッチングアプリ・婚活アプリ専門メディア マチポ

おすすめマッチングアプリ・婚活専門メディア「マチポ」の調査の結果、マッチングアプリを使用している or 過去に利用していた という回答が約半数の44.3%を占める結果となっています。

この結果から、40代のおよそ2.5人に1人がマッチングアプリを利用していることが分かります。多くの人が利用しているので、マッチングアプリは出会い探しにうってつけのツールと言えるでしょう。

編集部:笹木
編集部:笹木
マッチングアプリの利用者数は年々増えており、マッチングアプリでの出会いが当たり前の時代になってきています。

相手の趣味を重視する人が7割以上

出典:「Omiai」の趣味に関するアンケート調査

恋愛マッチングアプリ「Omiai」を運営する株式会社ネットマーケティングの調査では、「恋人を選ぶ際に趣味を重視する」と回答した人が7割以上という結果になっています。

また、相手の趣味を重視すると回答した人の9割以上が、「自分と共通する趣味を相手にも持っていてほしい」と回答をしています。つまり、趣味が合えば出会える可能性は高いと言えるでしょう。

編集部:笹木
編集部:笹木
趣味や興味が合えば、マッチングした後のメッセージの話題にも困りません。楽しみや時間を共有できる共通の趣味があることは大きなアドバンテージです。

2.40代の出会えた実績が豊富

幸せレポート

40代のマッチングアプリ利用者が多いのはもちろんですが、上記画像のように出会えた実績が豊富です。交際はもちろんですが、結婚に至っている方も多くいます

上記の画像では、ペアーズの幸せレポートの一部を抜粋していますが、ペアーズだけでなく様々なアプリで交際できたというレポートが掲載されています。全ての方がレポート投稿をしているわけではないので、実際にはかなりの人数が相手を見つけられていると言えます。

3.本人確認や監視体制が徹底されている

タップル 安全への取り組み

一昔前は、いわゆる「出会えない系アプリ」が多く、悪質な運営や悪質なユーザーが多くいました。しかし現在は、マッチングアプリの運営を行うためには、警視庁に「インターネット異性紹介業」の届け出を出す必要があり、本人確認の徹底が義務付けられています

悪質なユーザーが増えないように、24時間365日体制での監視体制を敷いているアプリも多く、一昔前とは違って安全性が担保されています。余談ですが、有名マッチングアプリのほとんどは上場企業が運営しているので、社会的信用も高いです。

40代が出会いやすいマッチングアプリの選び方

40代の方がマッチングアプリで趣味の合う相手と出会うためには、アプリ選びがとても重要です。選び方は大きく分けて3つで「趣味で相手を探せる機能があるアプリを使う」「安遠性の高いアプリを選ぶ」「複数のアプリを同時に使う」です。それぞれ理由を順を追って説明します。

趣味で相手を探せるマッチングアプリを使う

アプリ名 趣味で探せる機能
ペアーズアイコンペアーズ ・コミュニティ機能
・コミュニティチャット機能
・フリーワード検索
withアイコンwith ・好みカード機能
・タイムライン機能
・フリーワード検索
タップルアイコンタップル ・趣味タグ機能
・ウィッシュカード機能
・おでかけ機能
マリッシュアイコンマリッシュ ・グループ機能
・キーワード検索
ペアフルアイコンペアフル ・ジャンル機能
・イベント機能
OmiaiアイコンOmiai ・キーワード検索

同じ趣味を持つ相手と出会いたいのであれば、当然ながら趣味や興味で相手を探す機能のあるマッチングアプリを使う必要があります。機能がなければ、1人1人のプロフィールを確認しないと相手のことが分からないので、効率的ではありません。

安心・安全なマッチングアプリを使う

マッチングアプリを初めて利用しようとする40代ユーザーによくある間違いが、マッチングアプリではなく出会い系アプリを選んでしまうという点です。マッチングアプリは婚活や恋活、友達探しを目的にしているのに対し、出会い系アプリは援助交際での出会いがほとんどです。

出会い系アプリにはサクラや業者も多く、金銭を要求されたり個人情報を悪用される可能性があるため使わないようにしましょう。当記事では、年齢確認をはじめとし、24時間365日体制でサポートを行っていたり、社会的信用の高い上場企業が運営しているアプリのみを紹介しています。

○サクラとは…
運営会社が利益を得るために操作しているアカウント。課金をさせることだけを目的としているアカウントのため出会うことは不可能。
○業者とは…
運営とは無関係の第三者がアプリを悪用するために操作しているアカウント。風俗斡旋やマルチへの勧誘などを目的としている。

編集部:笹木
編集部:笹木
業者のことを間違ってサクラと勘違いしている人が多くいますが、人気マッチングアプリにサクラはいません。

複数のマッチングアプリを同時に使う

マッチングアプリの利用は1つに絞る必要はなく、複数のアプリを同時に使うことをおすすめします。理由としては、複数のマッチングアプリを使うことで異性の母数が増え、出会いやすくなるためです。

マッチングアプリは基本的に20代や30代がメイン層なので、1つのアプリだけで考えると40代のユーザーはあまり多くありません。そのため、使うアプリを増やして母数を増やすことが大切です。

編集部:笹木
編集部:笹木
マッチングアプリは男女ともに登録無料なので、実際に使ってみてよかったところに課金する形で問題ありません。

40代が趣味で出会えるおすすめマッチングアプリ6選

ペアーズ:国内No.1マッチングアプリ

ペアーズ
会員数 1,000万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:4,300円/月
Android:3,590円/月
※女性は無料で利用可能

ペアーズは、国内No.1の人気マッチングアプリで会員数は1,000万人を超えています。上場企業のグループ会社が運営を行っており、サポートも充実しているため、安全性という面でも高い評価です。

ペアーズには、趣味で相手を探すための機能として、「コミュニティ機能」「コミュニティチャット機能」「フリーワード検索」の3つが用意されています。

機能1:コミュニティ機能

ペアーズのコミュニティは10万を超えており、王道な趣味からマニアックな趣味まで、幅広く相手探しができます。映画コミュニティを例とすると、「映画好き」という大カテゴリから「トトロが好き」のように小カテゴリまであります。

コミュニティに参加すると、自分が相手を探すだけでなく、相手の検索画面にも表示されやすくなるため、いいねを貰いやすくなります。

機能2:コミュニティチャット機能

コミュニティチャット機能は2021年6月に実装されたばかりの新機能です。各コミュニティ内でトピックを作成することができ、トピック参加者とオープンチャットで会話することができます。

機能3:フリーワード検索

フリーワード検索はオプションプランに課金することで利用可能です。ただし、ペアーズはコミュニティ機能が優秀なので、この機能のために課金する必要性はあまりありません。

編集部:笹木
編集部:笹木
ペアーズは、会員数や機能の豊富さなど名実ともにNo.1のマッチングアプリなので、アプリ選びに悩んだらこのアプリを選んでおけば間違いありません。

ペアーズの
公式サイトはこちら

with:性格診断で相性の良い相手が探せる

with
会員数 320万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:4,200円/月
Android:3,600円/月
※女性は無料で利用可能

withは、メンタリストDaigo監修の心理学サポートを使ったアプリとして有名で、性格診断により、自分と相性の良い相手を探すことができます。内面を重視するアプリということもあり、女性比率が他のマッチングアプリに比べて高いのが特徴です。

withには、趣味で相手を探すための機能として、「好みカード機能」「タイムライン機能」「フリーワード検索」の3つが用意されています。

機能1:好みカード機能

好みカード機能は、自分の趣味趣向やライフスタイルで相手を探せる機能です。趣味をはじめとし、恋愛相手に求めること、仕事はどういうことをしているかなど、設定できる項目は多いです。

とくにイチオシのカードは「好みカードベスト」として、3つまでコメント付きで設定できます。プロフィールには、カードの登録傾向なども表示されるので、相手がどういう人なのかも分かりやすいです。

機能2:タイムライン機能

タイムライン機能は、2021年4月にリリースされたばかりの新機能です。期間限定のテーマに沿って投稿でき、自分は何が好きなのかをアピールできます。直近では「#好きな作品を教えて」というテーマで実施されています。

機能3:フリーワード検索

フリーワード検索はオプションプランに課金することで利用可能です。ただし、withは好みカード機能が優秀なので、この機能のために課金する必要性はあまりありません。

編集部:笹木
編集部:笹木
withは「性格診断×趣味興味」で相性が良い相手を探すことに特化したアプリなので、外見より内面を重視したい人にはとくにおすすめです。

withの
公式サイトはこちら

タップル:趣味での出会いに特化したアプリ

タップル
会員数 600万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:4,000円/月
Android:4,000円/月

※女性は無料で利用可能

タップルは、”趣味でつながる”をコンセプトにしているマッチングアプリで、趣味で相手を探すのに最適です。スワイプ形式で画面に表示された異性を「いいかも」or「イマイチ」の2択で直感的に相手探しができるのが特徴です。

タップルには、趣味で相手を探すための機能として、「趣味タグ機能」「ウィッシュカード機能」「おでかけ機能」の3つが用意されています。

機能1:趣味ダグ機能

タップルでは、趣味が事細かくタグ化されており、プロフィールに設定できます。タグは100個以上登録することが可能で、その中から興味の高いタグ5つを「タグベスト」として写真付きで設定できます。

タグを設定しておくと、自分が相手を探すだけでなく、相手の検索画面にも表示されやすくなるため、いいかもを貰いやすくなります。

機能2:ウィッシュカード機能

ウィッシュカード機能は、やりたいことや行きたい場所で異性とつながることができます。例えば、「話題のスイーツを食べに行きたい」「テラス席でお茶したい」などがあり、カードを設定している相手を誘うことができます。

ウィッシュカード機能でマッチングできた場合は、どこで何をしたいかが決まっている状態なので、後は日時を決めるだけです。タグと同様にプロフィールに表示されるので、設定しておくことでいいかも貰いやすくなります。

機能3:おでかけ機能

おでかけ機能は、女性が「おでかけプラン」を投稿し、男性が気になる相手を誘うことのできる機能です。男性が女性を誘う際には、メッセージ付きでいいかもを送れるので、アピールしやすいというメリットがあります。

編集部:笹木
編集部:笹木
タップルのターゲット層が20代前半と若いので、40代の割合は決して高くありませんが、利用者数で考えるとそこまで少なくはありません。

タップルの
公式サイトはこちら

マリッシュ:再婚活優遇の婚活アプリ

マリッシュ
会員数 100万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:3,400円/月
Android:3,400円/月
※女性は無料で利用可能

マリッシュは、婚活アプリの中ではめずらしく、バツイチやシンママ、シンパパを優遇するシステムがあり、再婚活マッチングアプリとして有名です。「交際相手が平均3ヶ月で見つかる」という高い実績もあります。

マリッシュには、趣味で相手を探すための機能として、「グループ機能」「キーワード検索」の2つが用意されています。

機能1:グループ機能

グループ機能は、自分の趣味嗜好やライフスタイルで相手を探せる機能です。趣味をはじめとし、恋愛相手に求めること、仕事はどういうことをしているかなど、設定できる項目は多いです。

機能2:キーワード検索

キーワード検索はオプションプランに課金することで利用可能です。ただし、趣味で相手を探したいのであれば、グループ機能で事足りるので、オプションに課金する必要はあまりありません。

編集部:笹木
編集部:笹木
マリッシュは利用者の年齢層が一致しているものの、趣味で探せる機能が実質グループ機能のみなので、要検討です。

マリッシュの
公式サイトはこちら

ペアフル:国内で唯一の男性無料アプリ

ペアフル
会員数 10万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:無料
Android:無料

※オプション料金は別途あり

ペアフルは、2020年10月にリリースされたばかりの最新アプリで、国内で唯一の男性もメッセージ無料です。マッチングアプリでは数少ない、上場企業が運営を行うアプリなので安全性も高いです。

ペアフルには、趣味で相手を探すための機能として、「ジャンル機能」「イベント機能」の2つが用意されています。

機能1:ジャンル機能

ジャンル機能は、自分の趣味で相手を探せる機能です。ジャンルは全30種類で「音楽好き」「映画好き」など、大カテゴリまでしか設定できないので、詳細な趣味で探すのは難しいです。

機能2:イベント機能

イベント機能は、同じ趣味や話題を持った相手を探せる機能で、イベントは期間限定で行われます。「オンラインゲームしよう」「恋愛観でマッチしよう」などがあり、参加すると専用プロフィールの設定が可能になります。

編集部:笹木
編集部:笹木
リリースされて間もないということもあり、会員数はまだまだ少ないです。ただし、男性もメッセージ無料なので使って見る価値はあるでしょう。

ペアフルの
公式サイトはこちら

Omiai:東証一部上場企業が運営

Omiai
会員数 700万人(2021年10月時点)
月額料金 iPhone:4,800円/月
Android:4,800円/月
※女性は無料で利用可能

Omiaiは、マッチングアプリを世に浸透させたアプリの代表格で、新しいアプリがどんどん出てくる中でも根強い人気を誇っています。東証一部上場企業が運営を行っているため、安全性も高いと言えるでしょう。

Omiaiは、良くも悪くも他のアプリに比べて、機能が少なくシンプルな作りになっており、趣味で相手を探すための機能は「キーワード検索」のみです。

機能1:キーワード検索

キーワード検索は、異性がプロフィールに設定しているキーワードで探せる機能です。検索すると一覧形式で表示されるので、気になった相手がいればプロフィールに移動し、いいねを送る流れです。

編集部:笹木
編集部:笹木
Omiaiは会員数も多く年齢層も少し高めなので、40代にもおすすめのアプリですが、趣味で相手を探すには少し不向きです。

Omiaiの
公式サイトはこちら

40代がマッチングアプリで出会うコツ

プロフィール写真は笑顔で印象の良いものを設定

プロフィール写真のコツ
・笑顔の写真を使う(どアップはNG)
・加工感が出すぎない範囲で明度を調整
・メイン写真だけでなくサブ写真も設定

異性を探す際、まずはじめに目に入るのがプロフィール写真です。第一印象が良くないと、プロフィールを見てもらうことができず、マッチングすることができません

そのため、プロフィール写真には笑顔のものを使用し、良い印象を持ってもらえるようにしましょう。過度な可能は厳禁ですが、明度を上げたり、フィルターをかけるなど、ほどよい加工であれば印象アップにつながります。

プロフィール文には自分の情報を詳しく記載する

プロフィール文のコツ
・自分の情報(仕事/趣味/性格)を記載
・アプリを始めた理由を記載
・相手に求めることを記載

写真を見て少しでもいいなと思ってもらえた場合、次に見られるのはプロフィール文です。普段どんな仕事をしているのか、趣味はなにか、どういった性格なのかを詳しく記載し、自分がどういった人物なのかを相手に理解してもらう必要があります

他にもアプリをはじめた理由や相手にどういうことを求めているのかを記載することで、相手の不安要素も減り、いいねをもらいやすくなります。マッチング後のメッセージのネタにもなるので、200文字~400文字程度で詳しく記載するようにしましょう。

自分から積極的にアプローチをかける

プロフィール写真やプロフィール文の準備ができた後は、自分から積極的にアプローチをかけましょう。リアルと同じで、待っているだけで相手が来るということは、マッチングアプリにおいても基本的にありません

また、理想を高く持ちすぎるのも厳禁です。自分好みの相手なのか、仲良くなれるのかは結局のところ、出会ってみてからでないと分かりません。まずは、質より量を優先し、少しでもマッチング数を増やすことを心がけましょう。

編集部:笹木
編集部:笹木
どれも面倒かもしれませんが、マッチングアプリで出会うためには必須です!

40代におすすめの出会いやすい趣味5選

1.映画・音楽鑑賞

映画鑑賞や音楽鑑賞は年齢問わずおすすめの趣味で出会いやすいです。マッチングアプリでは、様々な映画や音楽のコミュニティがあるので、共通の好みも持つ相手探しが容易です。

また、マッチングアプリに限らず、TwitterやFacebookにも数多くの映画鑑賞サークルなどが存在します。一緒に映画を見た後などに、感想を話し合いながら食事をすることで一気に距離を縮めることができます。

2.運動・スポーツ観戦

運動はテニスやゴルフ、ジョギング、ランニングがおすすめで、スポーツ観戦は競技を問いません。中でも、テニスやゴルフは初心者からでも始めやすいスクールが多く存在するので、自然な出会いに繋がりやすいです。

スポーツ観戦は競技を問いませんが、野球やサッカーなど人気のスポーツの方が出会いに繋がりやすいでしょう。スポーツバーなど、お酒を飲みながらスポーツ観戦できる環境だと、初対面でも打ち解けやすいです。

3.グルメ・お酒

グルメやお酒は、マッチングアプリで出会うためにおすすめの趣味です。グルメやお酒が嫌いな人は少なく、「美味しいもの食べに行きませんか?」「良かったら一緒に飲みましょう!」というように誘いやすいのが特徴です。

マッチングアプリ以外でも、相席屋や相席ラウンジ、カウンターバーなど人が集まる場所に通うことでも出会いのチャンスがあります。他にも、お酒コンなどの出会いイベントもおすすめです。

4.マンガ・アニメ

マンガやアニメは、老若男女問わず好きな人が多いので、異性と出会うきっかけになります。マッチングアプリでは、マンガやアニメのコミュニティが数多くあるので、自分の好きな作品から相手探しができます。

マッチングアプリ以外でも、TwitterなどのSNSで共通の作品が好きな異性と繋がって盛り上がったり、趣味コンに参加して同じ作品が好きな相手を探してみるなど、幅広く相手探しが可能です。

5.美術館・博物館

美術館や博物館めぐりは若い頃から好きという人よりも、年を取ってから始めて好きになった人の方が多いので、同年代の相手探しがしやすいです。

美術館コンやアート合コンなど、出会いのきっかけになるイベントも開催されているので、芸術鑑賞をして感想を話し合う相手が欲しい方におすすめです。

40代がマッチングアプリを使う際の注意点

思いにふける女性

年齢差が10歳差以上の相手にはアプローチしない

マッチングアプリには様々な種類がありますが、その多くは20代~30代がメイン層です。若い異性にアプローチをしたい気持ちは分かりますが、20代の男女から見た40代は言葉を選ばずに言うと、おじさんやおばさんです。

逆の立場で考えると、60歳以上の方からアプローチが来るとどうでしょうか?もちろん、年上好きの人もいるかと思いますが、同年代との出会いを求めている人が大多数なので、年齢差には気を付けましょう。

自分のペースではなく相手のペースに合わせる

マッチングアプリは基本的に、マッチングした後にメッセージが可能になります。マッチングできた嬉しさから、メッセージを何度も送りたくなるかと思いますが、的に送りすぎるのはNGです。

また、メッセージが少し続いたからといって、唐突に会おうと誘うのは厳禁です。マッチングアプリでは、マッチング後1週間程度で会う約束をすることが多いので、急ぎすぎは厳禁です。

編集部:笹木
編集部:笹木
基本的にリアルと同じです。マッチングアプリだから特別ということはありません。

40代の出会いにはマッチングアプリがおすすめ

40代の友達探しにおすすめのマッチングアプリ6選を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?再度になりますが、アプリ選びでは趣味で相手を探せる機能が多く、安全性の高いアプリを選ぶことが大切です。

どのアプリも男女ともに登録は無料なので、まずは登録してみることをおすすめします。

アプリ名 趣味で探せる機能
ペアーズアイコンペアーズ ・コミュニティ機能
・コミュニティチャット機能
・フリーワード検索
withアイコンwith ・好みカード機能
・タイムライン機能
・フリーワード検索
タップルアイコンタップル ・趣味タグ機能
・ウィッシュカード機能
・おでかけ機能
マリッシュアイコンマリッシュ ・グループ機能
・キーワード検索
ペアフルアイコンペアフル ・ジャンル機能
・イベント機能
OmiaiアイコンOmiai ・キーワード検索