恋愛

別れたくないけどしんどい時の対処法5選|別れるべき?考え直すべき?場面別解説

「別れたくないけど一緒にいるのがしんどい」
「別れたほうがいいのかもって考えてしまう」
「でも彼が好きだから別れたくない」

一人になった時にふと「別れた方がいいのかな…」などと考えてしまい、辛いと感じていませんか?彼のことは好きで別れたくはない、でも一緒にいるのがしんどいと悩んでいる方も多いと思います。

そこでこの記事では、別れたくないけどしんどい時の対処法を紹介しています。また、別れを決断すべきか別れを考え直すべきかを場面別に解説。

このまま付き合い続けるべきなのか、それとも別れた方がいいのか、選択に迷った時は一度立ち止まって気持ちの整理をしてみましょう。

編集部おすすめマッチングアプリ!!
恋活 ペアーズアイコンペアーズ ・国内No.1の会員数1,500万人!
・友達探しから恋活、婚活まで幅広く対応
・約10万のコミュニティから相手を探せる
【ペアーズを無料で使ってみる!】
婚活 マリッシュアイコンマリッシュ ・再婚活優遇の婚活マッチングアプリ!
・交際相手が平均3ヶ月で見つかる実績あり
・趣味嗜好やライフスタイルで相手を探せる
【マリッシュを無料で使ってみる!】
遊び ハッピーメール アイコンハッピーメール ・4人中3人は出会えるという実績あり!
・従量課金制で使いたい分だけ使える
・無料ポイントが多くコスパも高い
【ハッピーメールを無料で使ってみる!】

別れたくないけどしんどいと感じている女性は多い

しんどいと感じている理由は人によっては様々ですが、別れたくなくて悩んでいる女性は多いです。ここからは、彼に対してしんどいと感じてしまう理由をいくつか紹介します。

彼に対してしんどいと感じてしまう理由8選

1.彼の唯一の欠点が致命的

彼がとても素敵な人であっても、その素敵さを帳消しにしてしまうほどの欠点がある場合にはしんどいと感じやすいです。

「〇〇なところさえ良くなれば…」「〇〇な部分以外はすごく良くて…」という話を友達に相談したこともあるのではないでしょうか?

2.とても良い面が1つだけある

唯一の欠点が致命的な場合と逆のパターンで、欠点はいくつもあるけどとても良い面が1つだけある場合です。

時間にルーズで約束を守ってくれないことが多いけど、自分のことを深く理解してくれるなど、とても良い面がある場合にその部分を失いたくなくて悩んでしまいます

3.会える回数が少なすぎる

好きな気持ちが強いほど、会える回数が少ないと辛くなり、しんどくなってしまいます。彼が一時的に忙しいだけなど、少し会えないだけであれば我慢できますが、遠距離恋愛などで慢性的に会えないと我慢するにも限度がありますよね。

4.趣味に没頭し相手をしてくれない

付き合い始めた頃は自分を優先してくれていたのに、お互いの関係に慣れてきたからか、趣味に没頭する毎日。別にやめてほしいわけではないけど、趣味ばかり優先されて放置されると「私より〇〇の方が大事?」と感じてしまうものです。

5.性格や価値観が合わない

性格や価値観は一緒に過ごす上でとても大切なポイントです。そんな中、彼のことを一生懸命理解しようとしても、「どうしてもこれだけは理解できない…」というのが1つあるだけでしんどくなってしまいます

6.束縛が激しすぎる

彼のことが好きで、できる限り尽くしたいと思っていても、過度に束縛されるとしんどくなります。いくら好きな相手だとしても、何かを強要され続けるのは苦痛ですし、「自分は信頼されていないのかな…」と悲しくなりますよね。

7.喧嘩ばかりしてしまう

喧嘩は内容に関係なく、お互いにしんどくなってしまいます。自ら進んで喧嘩をしたいという人はいないので、お互いの努力で減らす必要があります。喧嘩になりそうだなと感じたら、落ち着くまで少しだけ距離を置くなどの工夫をしましょう。

8.過去の出来事に執着してしまう

彼との過去の出来事に執着してしまうとしんどくなります。例えば、「今の自分があるのはあの時彼のアドバイスがあったから」「初めて親にも紹介するほど好きになった」などです。

今の変わってしまった彼と良かった頃の彼を比較すると、「なんでこんな風になってしまったの…」とそのギャップにしんどくなってしまいます

編集部:笹木
編集部:笹木
しんどいと感じてしまう原因は人によって様々です。自分が原因のものであれば解消できますが、相手が原因のものを解消するのはなかなか難しいです。

別れたくないけどしんどい時の対処法5選

1.今自分が思っていることを打ち明ける

今あなたが、しんどいと感じている理由を彼に打ち明けてみましょう。ただし、男性は「〇〇がしんどい」とだけ言われると、自分を否定されたように感じてネガティブに考えがちなので、別れたくないことも必ず伝える必要があります。

「別れたくないけど、〇〇なところがしんどい」というように伝えることで、一緒に考えてくれるはずです。自分だけで抱え込んで考えるのが、一番良くない方向にいきがちなので、まずは2人でしっかりと話し合いましょう。

編集部:笹木
編集部:笹木
自分の気持ちを打ち明けるのは大切です。「言わなくても分かってよ」と思うかもしてませんが、やはり言わないと分からないものです。

2.彼の好きなところに目を向ける

一度でもしんどいなと感じてしまうと、どんどん嫌な部分にばかり目が言ってしまいがちになります。そんな時こそ、彼の好きなところに目を向け、一緒にいる理由を再確認しましょう。

また、嫌だと思っていた部分も見方を変えることでポジティブに捉えることができます。例えば、束縛が激しい彼氏なら、「束縛を激しくしてしまうくらいあなたのことが好きで誰にも取られたくないから嫉妬しやすい」という一面が見えます。

3.会う頻度や連絡の頻度を減らす

距離を置くというほどではありませんが、会う頻度や連絡の頻度を少し減らしてみましょう。誰しも自分1人の時間は必要で、いくら好きな相手だったとしても、ずっと一緒にいると疲れるものです。

会う頻度や連絡を減らす理由としては、友達や家族、仕事を言い訳にすると良いです。何も言わずに頻度を減らすと、「どうして急に連絡くれなくなったの?」などと言われてしまい、余計にしんどくなってしまう可能性があります。

編集部:笹木
編集部:笹木
いわゆる距離を置くということです。会う頻度や連絡の頻度を減らすことで、自分1人の時間を増やすことができ、心に余裕が生まれます。

4.彼に尽くすことを控える

彼にとって尽くされる状態が普通になっている場合、尽くすことをしばらく控えてみましょう。いつも、自分の言うことを聞いてくれたり、何でもやってくれていた彼女が突然何もしなくなると、彼はどんな反応をするでしょうか。

彼が自分に原因があったかも知れないと、自分の普段の行動やあなたに対する態度を見直してくれれば、しんどさはなくなるはずです。逆に怒ってしまったり不機嫌になるようだと、関係を見直すべきでしょう。

5.彼に期待するのをやめる

「付き合い始めた頃はこんなじゃなかった…」「待っていれば彼が変わってくれるはず…」と考えてしまう気持ちは分かりますが、期待するのはやめましょう。期待すればするほど、裏切られた時のしんどさや辛さも大きくなってしまいます

恐らく、今の彼はあなたがしんどいと感じていることにすら気付いていません。もし気付いたとしても、あなたの現状に気付けなかった彼が、期待通りに変わってくれる可能性は低いです。

別れるか考え直すかは状況によって異なる

彼とは別れたくないけど、別れなきゃいけない事情があったり、一緒にいる意味を感じられない時、どうすれば良いかはあなたの置かれている状況によって異なります。

別れを決断したほうが良い場面もあれば、考え直した方が良い場面もあります。 残念ながら、恋愛には「絶対にこの決断をすれば良い」というような、明確な答えはありません。

そのため、一時の不満や感情に流されるのではなく、後悔のないようにしっかりと自分自身と向き合って決断する必要があります

編集部:笹木
編集部:笹木
一時的な感情で別れてしまうと必ず後悔します。一度踏みとどまって考える時間を作るようにしましょう。

別れを決断したほうが良い場面5つ

好きになった相手だからこそ、なかなか嫌いになれず「別れたくない」と考えてしまいます。ただ、中にはきっぱりと別れの決断したほうが良いケースも多くあります。別れを決断したほうが良いケースは、以下の通りです。

1.彼に浮気をされた

彼に浮気をされた場合は、別れを決断したほうが良い場合がほとんどです。ただし、浮気が一度だけであり、相手が深く反省しているようであれば、あなたの気持ち次第で別れを踏みとどまっても良いケースもあります。

一度だけならず何度も浮気をくり返され、自分自身が深く傷ついたり相手を信用できなくなっていたりするようであれば、すぐにでも別れたほうが良いです。好きだからという理由ではなく、相手を信用できるのかどうかで考えると良いでしょう。

編集部:笹木
編集部:笹木
浮気をされた場合は、別れたほうが懸命です。「もうやらない」「反省している」と言われても信用してはいけません。一度でも浮気をした人は必ず繰り返します。

2.彼に結婚の意志が全く無い

あなたが結婚を望んでいて、相手に結婚の意志がない場合は別れてしまった方が良いです。彼の年齢にもよりますが、結婚の意志がないことには、まだ遊びたかったり結婚を決め兼ねている何かしらの原因があると言えます。

結婚の意志がない彼が、あなたと結婚をしようと決意するまでにはどのくらいの時間がかかるでしょうか?相手の意志が変わるのをじっと待つくらいであれば、次のお相手を探した方が早く結婚できる可能性があります。

3.遠距離恋愛でほとんど会えない

彼の転勤などで遠距離恋愛になってしまい、会いたい時に会えない寂しさや辛さを感じている方は多いと思います。遠距離恋愛になれば会える回数も減り、相手が何をしているのかも分かりにくいので余計に不安に感じるものです。

こういった悩みや不安はあなただけでなく、彼も同様に感じている可能性が高いです。お互いに漠然とした不安から辛さを感じているようであれば、別れた方が2人にとって良い方向に進むこともあります

4.お互いの価値観が合わない

お互いが気持ちよく過ごすためには、「価値観が合うかどうか」は重要なポイントです。金銭感覚や物事に対する考え方が大きく違っていると、お互いを理解し合うのが難しくなるため、注意が必要です。

特に、結婚を視野に入れて交際をしているようであれば、お互いの価値観をきちんと確認しておく必要があります。どんなに相手のことが好きでも、価値観が合わない場合は、別れたほうが良いでしょう。

5.自分に好きな人ができた

人の気持ちは変わるものであり、彼氏がいても、他に気になる人ができてしまう場合があります。恋人との関係に大きな問題がなくても、素敵な人と出会って心が揺れてしまうのは、仕方のないことです。

後悔のない選択をするためには、現在の恋人と好きになった人のどちらと一緒にいたいのか、しっかりと考えてみるのが大切です。現在の彼氏に申し訳ないからという理由だけで付き合い続けても、あなたにも相手のためにもなりません

編集部:笹木
編集部:笹木
現在の恋人以外を好きになったのには、何かしらの理由があるはずです。その理由だけ決断するのではなく、様々な側面から考えるようにしましょう。

別れを考え直すべき場面3つ

1.マンネリ化してきた

恋人と別れるべきか悩む理由として、多いのが「関係がマンネリ化してきた」というものです。付き合ったときはラブラブなカップルでも、時間が経つと一緒にいることが当たり前になり、関係がマンネリ化してしまう場合があります。

マンネリ化は多くのカップルにとって避けられないことであり、この理由だけで別れを決断するのは、もったいない可能性があります。恋人と一緒にいてドキドキはしなくても、安心感を覚えるという場合は、まだ相手に愛情が残っている証拠です。

2.スキンシップが減った

関係が安定してくると、交際相手が異性というよりも、家族や友達のような存在に感じられる場合があります。お互いを異性として認識しなくなり、スキンシップが減ってしまうと、別れを招く大きな原因に繋がってしまいます。

ただ、スキンシップが減ってしまうのは、悪いこととは限りません。スキンシップが少なくてもお互いに好きでいられるというのは、強い信頼関係があるということなので、考え直してみるのも良い手と言えます。

3.喧嘩してムカつくから

彼に対して「もう別れてやる」というような強い怒りを感じている場合は、まだ別れを決断すべきタイミングではありません。相手に対する強い怒りは、「もっとこうしてほしい」「自分を愛してほしい」という不満や欲求の表れと言えます。

彼への愛情がなければ、このような怒りすらも感じず、「どうでも良い」という気持ちになるでしょう。自分が思っていることをきちんと伝えて、彼が耳を傾けて問題に向き合ってくれるようであれば、関係を続けられる可能性があります。

編集部:笹木
編集部:笹木
ここで紹介した3つに該当する場合は別れを考え直すべきです。もし他の人と付き合ったとしても、同じことを繰り返すでしょう。

気持ちの整理ができないときは距離を置く

彼との関係性について1人で考えていると、どんどん気持ちが重くなってしまう原因になります。彼と別れたくないけどどう接して良いのか分からないときは、距離を置いてみるのが良いでしょう。

少しの間、距離を置くことで、自分自身の本当の気持ちを確かめられます。距離を置くときは、以下のポイントに気を付けるようにしましょう。

連絡を取らない

今まで近い存在だった彼と距離を置くとなると、どうしても寂しさを感じてしまう人もいるでしょう。しかし、自分の気持ちを確かめるためには、連絡を取らないようにするのが肝心です。

寂しいからといってすぐ電話やメールなどで連絡を取ってしまうと、結局彼に対してどう思っているのか、判断するのが難しくなってしまいます。距離を置きたいということを相手にしっかりと説明し、連絡は取らないようにしましょう。

あらかじめ期限を決めておく

距離を置くときに重要なのが、あらかじめ期限を設けておくことです。1ヶ月や半年など、話し合いをしたうえで期限を決めておきましょう。きちんと期限を決めておかないと、自然消滅につながる恐れがあります

あらかじめ期限を決めておけば、相手も「放置されるわけではない」「また話す機会がある」と安心して距離を置くことができます。

もし別れるならどうするべきか

「別れたくない」と思っていても、別れる結末になってしまう恋もあります。「別れる」と決断したら、ズルズルと引きずりたくないですよね。この恋を上手に終わらせるにはどうすればいいのか、気持ちの整理の付け方をご紹介します。

彼のいない生活を考える

まず心の準備として、彼のいない生活を想像してみましょう。突然相手のいない生活に変わると喪失感をより大きく感じ、長い間立ち直れなくなります。生活リズムを彼に合わせていたら、彼がいなくなった途端どうやって毎日過ごせばいいか分からなくなったなんてことも。

彼のいない生活をイメージし、彼に充てていた時間を友だちと過ごしたり、運動をしたり、自分のための時間にすることでいざ別れても、喪失感を抑えて過ごすことができます。

思っていることをすべて打ち明ける

もし別れることになってしまった場合、彼に今までの思いをすべて打ち明けましょう。なかなか話せずにいたこと、ずっと溜め込んでいたことを言わないままだと、いつまでも引きずってしまう可能性があります。

この時、強い口調で彼を責め立ててはいけません。喧嘩別れは良い結果を生まないからです。お互いが言葉にできなかったことをすり合わせるように、ゆっくりお話をしましょう。

彼に感謝を伝える

付き合っているうちにだんだん仲が悪くなったとしても、最後だけは「一緒に過ごしてくれてありがとう」と感謝を伝えましょう。喧嘩別れになってしまうと、楽しい思い出があったはずなのに恨みのこもった思い出しか残らなくなります

相手の逆恨みを買ったり、友人関係に影響が出たりと良いことはありません。感謝を伝えて別れることで、2人の関係の終止符をきれいに打つことができます。

友人関係やSNSを整理する

別れる決断をしたら、友人関係やSNSなどをしっかり整理しましょう。せっかく気持ちの整理をつけたのに、SNSで彼と繋がっていたり、友人から彼について聞かされたりしてしまうと、せっかく気持ちを固めても揺らいでしまうかも知れません。

失恋の気持ちが落ち着くまでは、彼の連絡やSNSを見ないようにし、友人にも「彼とは別れたから、今はあまり触れないでほしいと」事情を話しておくと心をかき乱されず、ゆっくり過ごすことができます。

編集部:笹木
編集部:笹木
別れを決断したのであれば、ズルズル引きずらずにキッパリと決着を着けましょう。長引かせるのは、自分のためだけでなく相手のためにもなりません。

別れの決断は後悔しないよう慎重に行おう

 

別れの原因はカップルによって大きく異なります。本当に恋人と別れても後悔しないのか、慎重に考えた上で決断するのが大切です。一時的な感情などで決めてしまうと、ずっと後悔してしまう可能性もあります。

自分が幸せになるためにはどうしたらいいのか、彼に対して思っていることや自身が置かれている環境としっかりと向き合うようにしましょう。

編集部おすすめマッチングアプリ!!
恋活 ペアーズアイコンペアーズ ・国内No.1の会員数1,500万人!
・友達探しから恋活、婚活まで幅広く対応
・約10万のコミュニティから相手を探せる
【ペアーズを無料で使ってみる!】
婚活 マリッシュアイコンマリッシュ ・再婚活優遇の婚活マッチングアプリ!
・交際相手が平均3ヶ月で見つかる実績あり
・趣味嗜好やライフスタイルで相手を探せる
【マリッシュを無料で使ってみる!】
遊び ハッピーメール アイコンハッピーメール ・4人中3人は出会えるという実績あり!
・従量課金制で使いたい分だけ使える
・無料ポイントが多くコスパも高い
【ハッピーメールを無料で使ってみる!】