【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動
  • URLをコピーしました!

「片思いが辛くなる、と言うのは一時的なものじゃないの?」
「告白してしまえば、スッキリするよ」

思いはどんどん膨らんでいって、伝えたいけど、どうしたらいいか、と言う葛藤が辛くなってきます。その場合での対策や心理、行動をお伝えします。

今回の記事は【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動についてお伝えします。

目次

【好きすぎて辛い男性心理】片思いで好きすぎて気持ちを抑えられない理由


狂いそう・苦しい片思いの男性とは

男性が女性を好きになる気持ちは、人それぞれです。その気持ちを相手に伝えたいけど、いろんなことがあって、なかなかうまく伝えることができないこともあるんです。



相手に対する思いが、ストレートに伝えられるのなら、問題はないんですが、それができないから余計に辛いわけですね。
まず、自分が辛くなっている理由を探っていきましょう。
そこから、次へのステップも見えてくるかも知れません。

理由1・好きの気持ちが頭がいっぱいになり抑えられない

恋したら誰でも経験があるかと思いますが、好きになっていく過程はとてもワクワクした気分に満たされています。その思いが大きくなればなるほど、相手にその思いが伝わらないことへの苛立ちも大きくなっていくものです。


その好きすぎて辛いという気持ちが大きくなればなるほど、好きな相手にその思いが伝わらないことへの苛立ちも大きくなっていくものです。

告白して、もしそれがうまく行かなかたらどうしよう、と言う分もまたどんどん膨らんでいくんですね。朝起きてから、夜寝るまで、彼女のことが頭から離れない、そういった状態になっていくわけです。


好きな相手のことを考えている時の幸せ感もまた、捨て難いとっても幸せな気分とも言えるわけで、結構矛盾した気分になっているのかも知れません。
この状態をいつまでも続けているわけには、行かない。

頭ではわかっているんだけど、次の行動のことを考えると、また、不安が襲ってきて、それもまた頭の中に広がっていくのです。

起きてから寝るまでいつも考えている疲弊する

そんな状態がずっと続いていると、次第に心が疲れてきます。


「いつまでもこんな状態でいいのだろうか。」
「きちんと話をして、けじめをつけないといけない。」


好きといったといった思いも増しているのですが、なかなか実行に移せそうにありません。

うまく行かなかった時のことが過ぎると、とんでもなく不安に襲われるからです。また、考えることで、心が疲れてしまいます。

不安が不安を呼び、疲れがどんどん溜まっていきます。そんな悪循環に陥っていくのが自分でもわかっているので、余計にしんどくなってしまうわけです。



なんとかしなければ、いけない、次第にその時が近づいていることが、どんどん精神的に追い詰められていくように思えてくるんですね。

片思いが辛い理由2・好きな女性と別の男性が会話すると嫉妬で苦しくなる

好きな女性が、他の男性と親しく会話しているのに出会うと、それだけで苦しい気分に襲われたりします。
これは間違いなく、嫉妬心です。

好きな女性が、他の男性と親しく会話しているのに出会うと、それだけで苦しい気分に襲われたりします。
これは間違いなく、嫉妬心です。


実際には、そんなことは絶対にないはずなのに、自分が女性と心置きなく話ができないばっかりに、他の男性に対して、敵愾心を抱いてしまい、それが嫉妬を生んでいるわけです。

全ての原因は自分にあるにもかかわらず、他の男性に対して、湧き起こる嫉妬心は、結構自分を追い詰めてしまいます。
そして、また、自己嫌悪の気持ちも生まれて、辛い、と言う感情に苛まされていくわけです。


自分に対して、注意を向けたい、自分の方へ関心を持って欲しい、と言う気持ちをストレートに出せないことで、ますます精神は疲弊していくのです。

嫉妬は彼女に振り向いてほしいと強く願っている

他の男性がその女性と気軽に楽しそうに喋っているのは、実は、大した意味はないのでしょう。
自分ができないと言うことで、その男性に対して嫉妬を抱くと言うのは、本当に、筋違い以外の何者でもないのです。


その嫉妬が猜疑心に繋がって、あの男性も女性のことが好きなんじゃないか、女性もあの男性の方に気があるんじゃないかと、どんどんあらぬ考えに陥ってしまうわけです。

冷静に考えればわかることなんですが、その瞬間には、気持ちを整理できず、悶々とした時間を過ごしてしまうことになるのです。



早く抜け出したい、と言う思いが強ければ強いほど、余計に辛くなってしまいます。

理由3・片思いの相手と関係や距離感の変化がなく絶望

そんなに辛いのなら、いっそ告白して、白黒はっきりつけたらいいんじゃないの、と思う人も多いかと思います。
しかし、片思いの状態というのは、それが破綻することが極めて怖い、いわば、どっちにも進めない状態なんですね。

悶々とした日々を過ごすうちに、その状態が膠着状態になってしまっていることが、余計に辛い気持ちにつながっていくわけです。


その状態から抜けられない、自分の弱さに対しても不満が募っていき、余計に気持ちが混乱していしまいます。

なんとかして、この関係を実りあるものにして、女性ともっと近づきたい、という願望が強ければ強いほど、ジレンマに苦しむ、という悪循環は、いつまでも続いてしまうのです。

片思いが長いと余計に苦しくなる

片思いが長引けば長引くほど、気持ちの重さは増していくことになります。最終的な解決の方法は、相手ときちんと話をして、こちらの思いを伝え、相手からいい返事をもらう、ということしかないように思っているので、それ以外のことを想像しただけで、恐怖心すら覚えてしまいますね。

結局、そこから抜け出せないという状態は、どんどん長引いていきます。それがいつまで続くんだろうという、これまた気持ちを苦しくさせる原因にもなっていくわけですね。


解決方法ははっきりしていても、それは今の自分にはとてもじゃないけど実行できない、という思いが強いので、自分に対しても苛立ちは増していくのです。

無力感やもどかしさがある

片思いが状態が長引いていくと、次第に、そこから抜け出すことは無理だと思うようになっていくんですね。


相手との関係は、こちらの片思いであって、相手の真意については、アプローチできないまま、時間だけが経過していくことになります。

自分の無力感、そして、消えないもどかしさに対して、余計に苛立ちを覚えつつも、それを解決づる方法については、絶対に選べない、と決めつけている自分がいるわけです。


理屈の上では、相手にきちんと話をして、結論を導き出さないといけない、とわかっているのですが、今までの、相手への想いを振り返ると、それを捨て去ることへの不安の方が大きくなり、どうしても次の一歩を踏み出すことにはつながっていきません。

理由4・己の悪いところばかり気にしてしまう

片思いが長引けば長引くほど、自分の中に、行動に移せないことへの嫌悪感も増していきます。
行動に移すことの不安を思えば結局、行動できない、ということになり、ますます自己嫌悪に陥っていくというわけです。


自分の弱さや欠点ばかりに目がいき、ますます行動に対しての決断から遠ざかっていくことになります。自分の内面の弱さばかりに目がいくようになり、それもまた、辛さの要因になっていくわけです。

実際に行動して、うまくいったらいいな、という願望とともに、うまく行かなかった時の結果に対して、直視できない、という自分に対しても、また、嫌悪感を抱いしてしまうんですね。

彼女が振り向いてくれないと自己肯定感が下がってしまう

片思いになっている時、相手を思っている自分というものはそれなりの人間としての価値があるはずだと思っているのです。


相手の女性から好きになってもらうだけの人間であり、きっとそれに相応しい人間だと思っているんですね。片思いが長くなればなるほど、強くなっていき、そうであるべきだという確信に繋がっていきます。

告白することで、相手から否定されてしまったら、その自己肯定感は壊滅的な打撃を受けることになります。想像することが怖くなり、結局まさかの事態を考えることすらできない状態が長引いているのです。


ますます辛い思いだけが増していくことになるのですね。

片思いのが受け入れてくれないと感じて自分を責める

片思いの女性を好きな気持ちを相手が受け入れてくれたら、全てがうまくいく、と全面的に思っているものですから、受け入れてくれなかった時のことを考えるのは、考えたくないのですね。


その反面、この思いを相手の女性が受け入れる、ということも確信が持てず、そんな自分に対してもどこかしら嫌悪感を感じているのが現状なんです。

いつまでも続くことで、ますます嫌な気持ちが増していき、精神的に辛い状態に追い詰められていきます。そこから抜け出すことには不安の方が優ってしまうので、やはり、ウジウジと考え込んでしまう。



自分に対しての、嫌悪感もまた自分を苦しめる要因なっていくわけです。

【好きすぎて辛い男性心理】狂いそう・苦しい片思いの対処法

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

片思いで狂いそう・苦しい片思いの男性の心理

片思いのままで悶々として過ごしていては、心休まることもありません。
かといって、告白する勇気もなく、やはり、片思いの状態はずるずると続いていくことになります。

なんとかして、この辛さだけでも和らげたい、告白は先延ばしにしながら、日々の生活を送ることになります。片思いの状態は解決できなくても、気持ちだけでも楽になれたら、少しは気が晴れますね。


片思いで狂いそう・苦しい片思いの対策をお伝えします。

対処法1・趣味や仕事に没頭する

趣味に取り組んでいる間や、仕事に没頭している時間に限られてしまいます。その時間が終わると、やはり心に思い浮かぶのは片思いの彼女のことでしょうか。



その切ない辛さから逃れることができたら、よしとしましょう。いつかは、大切な告白に向けての作戦も立てることが大切なのです。必死で趣味や仕事に没頭することになるのです。

対処法2:忙しくくわざと予定を入れてる

趣味や仕事以外の時間もなんとか、気を楽にできないものかと考えて、とにかくいろんな予定を入れてみます。友達と会ったり、ライブを見にいったり、必要以上に出張の仕事を引き受けたりとしてみましょう。


友達と会って、お酒を飲んだり、楽しいライブを見にいったりしましょう。その時間は楽しいので、彼女のことは少しの間は思い出すことも少なくなるかもしれませんね。

予定をわざといれても時間が終わって、家に帰ってきて一人になった時など、余計に切ない気持ちが込み上げてきたりします。

気持ちを四六時中持っているのも耐えられません。明日も、忙しく過ごせるように、どんどん予定を埋めていこうと思うわけです。

対処法3・ネガティブな感情を溜め込まない!誰かに話す

自分一人で抱え込んでいるから、辛いんだと、友人に、自分の切ない気持ちを打ち明けます。これは、かなり気が安らぎます。

アドバイスをもらったり、別の体験について話を聞いたりすることで、将来への期待も芽生えてきたりと、前向きになれる可能性もあるんですね。


聞いてくれる友人が、本当に、親身になってくれないと、話はしたけど、何か嫌な気分になってしまっては元も子もありません。結構リスクもあって、慎重に相手を選ぶ必要があります。

人は自分のことには関心はあります。ただ、他人のこととなると、関心というより、興味本位に聞いてくる可能性だってあるからです。聞いてもらう相手をしっかりと吟味する必要があるでしょう。

対処法3・信頼できる友人と一緒にいる!プラスなのか?マイナスなのか?聞いてみる

本当に、信頼できる友人だと確信できた場合は、やはりその助けはかなり有効になるでしょう。聞いてもらうときに、しっかりと意見を出してもらえるようにしないと、ただ話をしただけでは、意味がありません。

悶々としているこの恋は、自分にとってプラスなのかマイナスなのか冷静な意見を聞きたいものです。自分はもう、片思い状態でそれを判断する冷静さを保つことはできないからです。


意見を聞くと同時に、少し違った角度から自分を見つめ直すきっかけを手に入れることで、辛い気持ちから逃れることもできるかもしれませんし、彼女にアプローチするための手助けをしてもらえるかもしれません。

対処法4・新しいことに挑戦し、成長する

なかなか思いを打ち明けられないまま、時間だけが過ぎていくという状態の時に、ぜひ挑戦してほしい対処法になります。
確かに意を決して、自分の思いを相手に伝えるのも大切かもしれませんが、場合によっては、そこまで辿り着けないことだって十分ありうることです。

落ち込んでいるだけでは、残念なだけです。それをきっかけに、何か新しいことに挑戦して、気を紛らわせると同時に、人間としての成長も求めていけるのではないでしょうか。


スポーツに挑戦するとか、仕事に役立つ資格を取るとか、結果がはっきりとわかる方がやる気も出てくるでしょう。辛い思いを、自分の人生の糧にして、大きく成長した自分を手に入れるきっかけにできれば、一石二鳥かもしれません。

辛い気持ちの時に、すぐに何かに挑戦する、という気になれないかもしれません
そんな時は、まず、気持ちの切り替えができるような、楽しいことや、没頭できることに打ち込んでみるのも効果があるでしょう。


例えば、好きなゲームに思いっきりハマってみて、嫌と思うまでやってみるとか、新しい車やバイクを買ってみるとか、即効性のある、解決法になります。

気持ちの整理をつけるための、一時しのぎになってしまう可能性もあるので、そこは注意が必要気分転換ができた時に、次に何に向けて活動を始めるか、ということもいずれは視野に入ってくるようにしましょう。
そんな時に、次の対処法が役に立つかもしれません。

対処法5・新しい出会いであなたを好きな女性がいるかもしれない

片思いの相手に、思い切って告白をしたときに、結果がうまく行かなかった時の話かもしれません。せっかく、意を決して告白したにもかかわらず、結局、片思いで終わってしまうなんてことはよくあることです。


もう恋なんかしたくない、というのもありかもしれません。気分転換に、恋とまで行かずとも、女性と付き合ってみるというのも、有効な手立てです。

経験を積むことになり、それなりの価値はあるでしょう。


片思いの状態で悶々としているよりも、ずっと前向きで、人間としても成長できるかもしれません。
告白が成功した時は、なんの問題ものなく、付き合えばいいわけですが、そうでない場合に、積極的に新しい恋の相手を探すのも大切なことかもしれません。

対処法6・辛い気持ちから脱却するため告白

片思いの状態で、前に進めないことには、あまりメリットはありません。思い切って告白すれば、という話ですが、それが全ての答えとは言えないかもしれません。

片思いのままで、悶々としているより、よっぽどマシ、と思う時は、意を決して告白する方がサッパリするかもしれません彼女の本音を聞いて、それで納得するのが1番の解決策にはなるでしょう。


脈アリで、友達付き合いが始まるかもしれませんし、相手も、こちらに好意を持ってくれていたなんていう、大逆転もあるかもしれません。


片思いの先に、両思いになれる可能性よりも、結局振られてしまうということの方が十分に考えられますから、そちらを覚悟しての告白になるでしょう。

意を決して、自分の思いを相手に伝えたけれど、相手の女性には、すでに付き合っている男性がいて、振られてしまった、ということは十分にありうる結末です。
それにもかかわらず、相手に思いを持ち続けるのは、はっきりいって、マイナス以外の何者でもないでしょう。
やはり、その恋は実る運命になかったのだと、受け止めることで、今までの辛い気持ちから脱することができるかもしれません。
失恋の痛手は大きいかもしれませんが、考えてみれば、実は鵜のない恋に、期待ばかりしていた、という自分がはっきり見えて、気が楽になるかもしれません。
少し時間は必要かもしれませんが、失恋の痛手から立ち直ることは、片思いの辛さよりも気が楽かもしれないのです。
関連ページ:【片思い しんどい】へ内部リンク

【好きすぎて辛い男性心理】好きでたまらない気持ちを抑えられない場合の男性行動に注意

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

注意行動1・頻繁なLINEは迷惑となる

頻繁なLINEは迷惑となります。大切なことなので注意した方がいいです。自分の気持ちだけを優先してしまうと、相手にとっては迷惑なだけになってしまいかねないからです。

片思いの相手も自分に気があるんじゃないか、という思いが強すぎることで、相手の受け取る気持ちを計り知ることができなくなったりします。片思いの場合は特に要注意なんです。


LINEは既読がつくか、返信が来るか、スタンプがどんなものか、些細なことが気になりやすいのです。必要以上に男性からLINEを送られてくると、女性の方がすごく迷惑に感じてしまうことになり、今後の関わり方にも悪影響になります。

一般的なレベルのやり取り以上のことは絶対に避けなければなりません。一度、迷惑だと思われてしまうと、2度と取り返せないかもしれないからです。

注意行動2・断られたら一旦は誘うのは控えましょう

一度断られたらしばらくは誘うのは控えましょうよく起こりがちな失敗の一つです。片想いが募ると、相手も自分に関心があるような感覚を持ってしまい、ついついやってしまいます。


ちょっとしたお茶の誘いから、ライブのチケットの誘いまでいろんなレベルの誘いがありますが、どのレベルであっても、相手の都合を優先させなければなりません。

断りにくくなりそうな、話の持って生き方をしてしまうと、相手も断ることに抵抗を感じてしまい、誘って欲しくない、とまで思うかもしれません。


話を持ち出したときに、少しでも都合が悪そうな感じがしたら、その話はすぐにやめた方がいいでしょう。間違えても、もうチケットを取ってるのに、といった、相手にプレッシャーをかけるような持って生き方をすると、今後の話は全て、断られることになるかもしれません。

注意行動3・不用意に話しかけるのはやめよう

彼女の趣味や共通の話題を見つけてから話しかけよう。ちょっとした会話ができるだけで嬉しいと思うものですから、やたらと声をかけるのは、やめた方がいいでしょう。

相手が不快感を感じないことと、さらには、話しかけられて嬉しくなるようなことに限定していかないと、話しかけて欲しくない、という気持ちを持たれてしまったら大変です


自分の思いだけで、突っ走ってしまうと、相手の気持ちを汲み取ることができないので、そんな失敗をしてしまうことになります。下手をすると、そういうことの積み重ねで、どんどん気持ちが離れていくことになるかもしれません。

注意行動4・自分の話しはやめてアピールに専念しない

自分の話しばかりだと相手を疲れさせる!会話のキャッチボールをしましょう。少しでも相手の気を引きたい、自分をよく見せたいという思いが強すぎると、自分の話ばかりしてしまって、相手は疲れてしまいます。

初めのうちは、面白い話をしてくれる人だ、と思ってくれるかもしません。続くと、そのうち、またこの人こんなふうな話をしてくるんだ、と警戒心をもたれてしまいます。会話にはお互いに通じ合うような中身が必要です。会話のキャッチボールです。


相手の話を聞くことができるような話題に持っていかないと、話が続かなくなって、気まずい雰囲気になりかねません。
相手の女性が楽しく返せるような話題と、話の進め方を工夫していかないと、せっかくの会話が逆効果になりかねないのです。

注意行動4・彼女に会いたいから接触回数を増やすことを試みない

彼女に会いたいからと接触回数を増やそうとするとストーカーと勘違いされます。片思いで最も嫌がられる行為です。


とにかく会いたい、姿を見ていたい、一緒に行動したい、と接触機会を増やしたいと思ってしまうことです。最悪は、ストーカー行為と取られてしまい、一度そうなっては、信頼を取り返すことは難しくなります。


常に相手の立場に立って、相手の女性ならどう思うだろうと、冷静に考えて行動することが重要です。
こちらに悪気がなくても、接し方を間違えれば、迷惑行為になってしまうかもしれません。
常に相手の女性の気持ちを考える、冷静な思考を保つことが重要なんですね。
そして、じっくりと相手に自分の気持ちが伝わるように、無理をせずに接していくことです。

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて不安片思いで振り向かせる方法

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

方法1・相手が喜んでくれることを探そう

相手が喜んでくれることを探しましょう。相手の立場に立って、てよく言いますね。


まさにそこが試される時だと思います。彼女が何を求めているのか、何をすれば心から喜んでもらえるのか、一方的な目線だけで見ていてもなかなか見えてきません。

自分のことはひとまず横に置いて、相手の気持ちだけに注視して見ましょう。多くのことをやろうとすれば、何一つうまくいかない、ということもあり得ます。一番喜んでもらえそうなことを考えて行動に移しましょう。


探し方は、自分で考えてもなかなか出てこないものです。それなりのことを書いた本を読むとか、ネットで検索して、情報を集めるといったことが手っ取り早いかもしれません。

方法2:相手が嫌がることは慎もう

相手が嫌がることも、相手の立場に立って考えたらわかることが多いのです。相手が喜ぶこと以上に、相手の嫌がることをしない、というのは重要なことかもしれません。


会いたくない、とか、話しかけないで欲しいとか言われたら、もうお先真っ暗です。相手が嫌がることだけは、徹底してやらないと決める必要があるのです。


考えてもなかなか出てこないかもしれません。当たり前のことは、多分していないはずですから、自分でも気が付かないようなことで、相手に嫌がられてしまうこともあるかもしれません。
本やネットで情報を集めて、失敗をしないように心がけましょう

方法3・運動やイメチェンなどで外見を磨こう

運動やイメチェンなどで外見を磨きましょう。相手に対しての働きかけだけでは、不十分な場合もあります。、相手に与える印象が、いつまでたっても、変わらないことになり、気持ちも伝わりにくくなります。


決して、カッコつけじゃなく、相手に与える印象を良くするものです。肥満型で、少し不恰好な体型だとしたら、思い切ってダイエットしたり、筋トレして、体をしぃぷアップする、というのもイメージを変える効果が期待できますね。
少しずつでもいいので、会話の内容もイメージアップできるように努力していけばいいのです。
無理矢理相手に見せるよりも、少しずつ変わっていくことで、じわじわと効果が現れることもあり得ますね。

方法4:仕事や趣味に内面を磨こう

いくら見た目を変えても中身が変わっていなかったら、効果は半減します。仕事を一生懸命やっている姿、というのは、女性は好感を持って見てくれるものです。


仕事以外の趣味もしっかりと楽しんでいる姿も、いい印象を与えます。直接的ではないにせよ、内面を磨くことが相手に良い印象を与えることにつながっていくというのは確かなことです
また、趣味の話などが会話のきっかけになることもよくあることです。思わぬ共通点が見つかったりしたら、もうそれは近づくチャンス以外の何者でもありません。

狙ってできることではないですが、趣味きっかけ、というのはよくある話なので、積極的に、自分の趣味のことをアピールするのも一つの方法かもしれませんね。

方法4・好きな女性の友達と仲良くなる

好きな女性の友達と仲良くなることで相手の信頼を得ることができる。直接好きな女性にアプローチするのはハードルが高い、という場合、彼女の友達と仲良くなって、少しでも距離を縮める、という方法があります。


友達に良い印象を持ってもらえたら、やはり、彼女もそれを見て、いい印象につながる可能性があります。
また、友達に対して、しっかりと対応している姿を見て、彼女から信頼を得ることができるのです。

仲良くなると、間接的に、彼女にいろいろな情報を伝えることもできます。食事に誘ったりするときも、友達を加えることで、誘いやすくなりまちょっとした日帰りの旅行などに誘い出すことができれば、ますますチャンスが広がっていくことになります。


友達と仲良くなることは、いいことばかりで、マイナスはないでしょう。

方法5・困っているとき・辛いときは側で見守ってあげよう

困っているとき・辛いときは側で見守ってあげよう。相手の女性と距離が縮まってきたら、ちょっとした相談を受けることもあるかもしれません。

相手の女性と距離が縮まってきたら、ちょっとした相談を受けることもあるかもしれません。
そんなときは、まず、しっかりと話を聞いてあげることが重要です。
ズバズバと意見を言うのは、考えものです。
そこまで親しくなっていない段階では、とにかく聞き役にまわって、そばでしっかりと見守る姿勢を見せることが大切なのです。
そう言う行為が相手の信頼につながっていきます。


大事なことは、お互いの気持ちが通じあることですから、焦って余計なアドバイスなどをして、逆効果もあり得ます。こう言う時は、どこまでも慎重にことを進める必要があるのです。

方法5・押したり引いたりして駆け引きをしてみよう

友達関係が安定してきて、少しずつ距離が縮まってきたから、といって、慌てて結論を出そうと思わないことです。
まずは友達としてのつながりを深めるべきで、それ以上のことを初めから求めると、それに気づかれて、嫌がられてしまいかねません。

それなのに、アプローチをしてこないと言うことで、相手の女性の方が逆に気になってしまう、なんてこともあるのです。
本当に必要がある場面以外は、電話もLINEもしばらくは控えて見ましょう。


こちらからは誘いをかけないと言う方法も考えられるでしょう。今までは、食事やイベントごとにこちらから積極的に誘ってきたのに、ある時期から、パタっと誘いがなくなる、と言う方法になります。


これが、かえって相手には気になることになり、逆に相手の方から誘いがあったりします。
そんなに簡単にことは進まない、と言うこともわかりますが、それまでのアプローチをしっかりとやっておけば、このように、少し引いてみる、と言うのはとても効果のある方法だと言えるでしょう。
押したり引いたり、ある意味駆け引きをうまく使うことで、相手の女性から関心を持ってもらえることも十分考えられる方法です。

まとめ:【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

いくつかのことが見えてきたと思います。その中でも大切なことは次の4点にしぼられると思います。

意識すること
  • 辛くなっている原因を知る
  • 辛い気持ちから抜け出す方法を見つける
  • やってはいけない行動を知る
  • 相手を振り向かせる方法を見つける



片思いで悶々としているだけではいつまでも辛いだけです。だからと言って、告白したらそれでいいのかと言うものでもありません。
目的は、あくまでも相手との関係を発展させていきたい、それが第一です。
いくら努力してもうまくいかないこともありますやるだけのことをやっても、うまくいかなかった時は、新たなステージに向けて頑張ってみる、と言うのも重要なことだと言えるでしょう。

【好きすぎて辛い男性心理】好きすぎて気持ちを抑えられない!狂いそう・苦しい片思いでの行動

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

職業は恋愛カウンセラーです!T-ANNEX社所属してます。

阪神タイガース好きです!女性です。東京に住んでいます💓実はたまに巨人ファン!好きな選手は #近本光司 です😋 #吉川尚輝もかわいい💓恋愛カウンセラーブログもやってますので見にきてね🤗!

コメント

コメントする

目次